錯体ナノコロイド水溶液

(主な成分:プラチナ、クエン酸ナトリウム、

アスコルビン酸、蒸留水)

最先端技術による錯体ナノコロイド水溶液は
抗ウイルス・抗菌・消臭効果を発揮します。錯体ナノコロイドとはプラチナを4ナノメートル* という単位の粒子に微小化した素材です。水溶液中に均一に分散させ、再結合させない最新の技術が使われており、液体の成分を安定させることで、 錯体ナノコロイドに高い抗ウイルス作用・抗菌作用・消臭効果があることが検査機関の試験で実証されています。また、タイル・ビニール・金属・ガラス・陶器・木・プラスチック・布など素材を選ばず付着できること、長期間維持できることなど、他の技術にはない大きな利点があります。

*:1 ナノメートル=10 億分の1 メートル

高い安全性

錯体ナノコロイド水溶液はエタノール・アルコール類不使用。 下記項目において、検査機関により安全性が実証されています。経口投与毒性試験LD50 値は2000mg/kg 以上と判定。皮膚一次刺激性試験非刺激性であると判定。皮膚感作性試験皮膚感作性は認められない。細胞毒性試験細胞増殖抑制は認められない。皮膚貼布試験被験者全員(20 名) に刺激性は認められない。復帰突然変異試験変異原性は陰性であると判定。

長期の持続性

錯体ナノコロイド水溶液を噴霧すると水分が気化して錯体ナノコロイドは固着し、効果を発揮し続けます。壁などに固着した錯体ナノコロイドは剥がれにくく、1 年以上効果を持続させ、また再度噴霧して固着量を増すことで効果が上昇します。

抗ウイルス活性経時変化試験

ISO18184 開始時1か月後3か月後6か月後12か月後
加工なし0.20.30.50.30.3
錯体ナノコロイド3.5以上3.64.3以上4.5以上4.3以上
綿布に薬剤加工を施し、地下鉄列車の換気口付近に貼り付け経時的に抗ウイルス活性の推移をみた。

経済面の効果

錯体ナノコロイド水溶液は1 度の施工で長期間効果が持続することから、都度使用するアルコールや塩素性のスプレーなどと比べて手間がなく、経済面でも優れています。綿製品では一度の施工に対し100 回の洗濯でも抗菌効果が持続します。


従来の抗菌剤

アルコールや塩素系の抗菌剤が一般的に使われるものとして市場に出ていますが、 アルコールではノロウイルスには効果が無い、乾燥や濃度が下がると効果が出ない、 塩素系では刺激臭があるなどの問題があります。
共通の問題点は「即効性はあるが持続しない」という点です。

抗ウイルス効果

錯体ナノコロイドはウイルスを除去し、
増殖させないという画期的な効果を発揮します。

「錯体ナノコロイドの固定化」の特性を活かし、
施設内へ施工をすることで
院内の衛生管理、
居室内への施工を行うことで
安全で安心できる生活空間を提供いたします。

衣類、車内などにも効果的です。抗菌ウイルス効果試験錯体ナノコロイドは検査機関にて複数のウイルスを検体に試験を行い、
抗ウイルス効果のあることが実証されています。

抗菌効果

空気中を漂う細菌は壁などに付着して留まるため、
室内や車内の衛生環境が
保たれていない状態にあるといえます。

錯体ナノコロイド水溶液を噴霧し、
水分が気化することで固着した錯体ナノコロイドは
菌自体の活性を抑制し、増殖させないという
画期的な効果を長期間発揮し続けます。

抗菌効果試験

錯体ナノコロイドは検査機関にて複数の菌を検体に試験を行い、抗菌効果のあることが実証されています。

プラスチックトレーにスプレー加工し、抗菌性能を確認したところ写真の通り菌はほぼ発生しないことを確認しました。錯体ナノコロイド水溶液は噴霧に限らず含浸加工においても抗菌効果があり、ともに少量から効果が現れます。繊維製品では80℃のお湯で50回洗濯しても効果が落ちません。

※(財)カケンテストセンターにて検証

抗菌効果比較試験

大手メーカーの空気清浄機各種と錯体ナノコロイド水溶液を入れた空気清浄機をそれぞれ稼働した結果、錯体ナノコロイド水溶液にのみ除菌・抗菌効果が見られ、また大幅に減少する結果となりました。

除菌・抗菌効果

消臭効果

多くの人が行き来する公共施設やオフィスはもとより、
ご家庭においても有用です。
清潔を心がけても生活臭が染み付く要因は多く、
また放置していると雑菌の繁殖や強烈な悪臭に繋がる
恐れもあります。

錯体ナノコロイド水溶液は消臭においても
優れた効果を発揮します。

消臭効果比較試験

大手メーカーの空気清浄機各種と錯体ナノコロイド水溶液を入れた空気清浄機をそれぞれ稼働し、消臭効果を比較しました。6時間稼働させた結果、錯体ナノコロイド水溶液では劇的な消臭効果が見られました。

消臭検証結果

以下の臭いに対して検証を行い、高い減少率が確認されています。

※(財)日本染色検査協会にて検証
※2時間経過後のガスの減少率
試験方法:ガス検知管法、ガスマクロトグラフ法

抗酸効果

抗ウイルス・抗菌に限らず錯体ナノコロイドには極めて高い抗酸化効果もあります。この効果を活かし、美容目的など様々なシーンで活用されています。

抗酸化作用検証結果

苺を包むフィルムや梨、メロンなどでも実験を行ったところ、腐敗進度を遅らせる結果が得られました。

上記写真は錯体ナノコロイド水溶液を噴霧したリンゴと噴霧していないリンゴを用意し、約2週間の経過観察の結果です。噴霧なしは表面に凸凹があり、果肉の水分が少なく、茶色がかっています。噴霧ありは表面・内部とも経時劣化は見られず、瑞々しい果肉のままでした。
その後の経過では噴霧ありに変色の遅延も見られました。

SIAA認証取得しました

SIAAマークとは、抗菌製品技術協議会が制定した抗菌。抗ウイルス加工製品の認証マークです。抗菌性/抗ウイルス性・安全性・適切な表示という3項目の基準を満たした製品に表示されるマークです。

良くあるQ&A

臭いはありますか?

強い刺激臭が無く、無臭です。

機械、電気機器などに噴霧しても大丈夫ですか?

機械腐食性はありませんので大丈夫です。

光や紫外線を必要としますか?

光や紫外線を必要とせず24時間触媒し続けます。(無光触媒)

着色しますか?

錯体ナノコロイド水溶液自体は薄黄色ですが、施工面に着色することはありません。

お問い合わせフォーム

下記フォーマットにご記入いただき、「送信」ボタンを押してください。
メールが送信されない場合、お手数ですが、下記フリーダイヤルまでご連絡ください。

受付時間

月~土:8:30~19:00(お昼休み 12:00~13:00)

日:9:00~18:00

定休日:毎週火曜日、祝日、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始

連絡先

Free dial:0120-375-589

Tel:045-541-7551

お問い合わせの内容により、返答にお時間を要する場合がございます。
ご了承ください。

お問い合わせ